偏差値が40台から50台に!

中学受験を目指して子供をSAPIXに通わせましたが、5年の夏ごろからクラスは下がり、成績も偏差値40台まで下がってしまいました。

それで、庭教師の先生におねがいすることにしました。

最初は正直不安でしたし、息子がまたやる気を取り戻したら、SAPIXに戻すつもりでいました。

やはり、大手集団塾の合格実績を聞くと、親としては安心感がありますよね。

しかし、うちの息子の場合は勉強がついていけなくなった結果、クラスが下がってしまいました。受験に対するモチベーションもなくしてしまい、塾に行きたくないと言うようになりました。

そこで家庭教師の先生にお願いしたという背景がありました。

まず先生にはモチベーションを取り戻すために、今までできていた問題を中心に演習していただきました。その中で、まずはどこでつまずいてしまったのかを明確にしていただきました。息子もできる問題からやって、先生にも褒めてもら、またできなかった問題もできるまで根気強く教えて頂いたため、自信を取り戻したようです。

集団塾だとどうしても、次から次へと先に進んでしまうため、息子にはその部分が合わなかったようです。

その結果、一度は40台まで落ちてしまった偏差値も50台後半まで回復してきました。

家庭教師の先生は勉強をただ単に教えるというだけでなく、現状の課題を明確にした上で、その解決を優先的にしていただきました。

息子の場合は、モチベーションが下がっていたので、まずは意欲を向上させることから取り組んでいただきました。

勉強さえすれば、偏差値が上がると安易に考えていましたが、一人一人にあった勉強の仕方があるのだということを実感しました。